名称未設定 1.png

siwa2.gif加齢じわが老けてみえるもと

しわには表情によってできる表情じわと、年齢によって出来る加齢じわの2種類があります。
加齢じわは、皮膚のコラーゲンやエラスチンの変性と保水力の低下から出てきます。
小じわであれば、肌の保水力を高めるだけでも改善されますが、深く刻まれたしわは簡単にはいきません。そういうしわをコラーゲンやヒアルロンサンの注射で改善することができます。

コラーゲンやヒアルロンサンを細い針で直接しわの部分に注射することで、そのしわの部分を持ち上げ、広げてしわを目立たなくする方法です。
コラーゲン自体は、牛皮から生成された物質ですので、最初にアレルギーテストが必要となります。アレルギーテストは、ひじの内側の皮膚にコラーゲンを少量注射し、4週間様子をみます。もし合わないときには、赤く腫れたり、かゆみが出たりします。4週間待てない方には、1回目をテスト後、1週間後に2度目のテストを行い、そのまた1週間後に判定を行います。合わない人の確率は約3%(100人に3人)です。ヒアルロンサンは化学的に合成されている物なのでアレルギーテストは必要ありません。

コラーゲンは、自然なたんぱく質ですので、100%吸収されてしまいます。吸収されるのにかかる時間は、およそ4〜6ヶ月ぐらいです。ですから良い状態を保とうと思えば追加が必要となる訳です。ただし、100%吸収されるという事は、異物として体内に残りませんので安全だと言えるのです。
ヒアルロンサンも100%吸収されるのですが、半年〜1年とコラーゲンより持続します。

ボツリヌストキシン注射

ボツリヌストキシンは、神経伝達を遮断する作用があります。保険診療では、顔面痙攣、目瞼痙攣、斜視などに使用されています。最近、日本でも美容目的で眉間のシワへの使用許可が出ました。

●シワ治療

ボツリヌストキシンを注射することでその部位の表情筋を麻痺させてシワが出ないようにします。適用部位は眉間、額が最適です。目尻にも効果的なのですが、笑顔の表情に影響するため私はあまりお勧めしていません。注射をするだけですので傷跡は残りませんし、普通に洗顔、化粧ができますので手軽です。効果は注射3~4日後に現れ1~2週間で固定します。もし効果が弱い場合はそこで追加投与することがあります。持続期間は、個人差がありますが、初回投与で4~6ヶ月間、追加投与で6~8ヶ月と言われています。

●ワキガ多汗症治療

ワキの下の汗やニオイでお悩みの方への治療法です。注射をするだけで汗が極端に減ります。手軽な方法なのですが、効果はやはり一時的で6~10ヶ月くらいです。一時的な効果を求められるのであれば、傷も残らず当日からシャワーや入浴なども可能なので良い方法でしょう。

注射は細い針で注入するだけなので、3時間後には洗顔、お化粧もできます。傷跡も残らず、非常に手軽なしわの改善法と言えます。

1.png

2.png

3.png

4.png

5.png

6.png

7.png

8.png

9.png

10.png

11.png

13.png

12.png  

ENTER