名称未設定 1.png

hair.gif医療用レーザーで確実な脱毛
毛の再生組織は毛乳頭と皮脂腺開口部下の毛包の両方にあります。永久脱毛は、その両方を処理するのが目的なのです。使用するのは黒色にだけ反応する特殊なレーザーですので、皮膚のほかの部分には影響ありません。

毛には毛周期があり、ちょうど脱毛に適している成長期の毛は全体の3分の1ほどです。全てを処理するには、2ヶ月に1度、計5回程度の処理が必要となります。レーザー脱毛の利点は、処理スピードが早い、痛みが少ない、衛生面が優れている、処理のために毛を伸ばす必要が無いなど数々あります。ですが、一般に言われているように、痛みが全くないという事はありません。なぜなら、毛の再生組織を破壊するからです。逆に言えば、「痛みが無い」=「組織を破壊していない」つまりは永久脱毛になっていないとも言えます。

基本的に脱毛は全身どこでも可能で、一般的な脱毛部位はワキ、ビキニライン、スネ、腕、太もも、ヒゲ、胸毛です。ただし、ヒゲの場合には毛周期が非常に早く、毛根が垂直に立っていて深いため、1ヶ月間隔で約10回程の処置が必要になります。現在、レーザー医療機器は医師しか扱うことはできません。誤った使用は、やけどや皮膚障害の原因となりますので、レーザー脱毛を行う場合は、よく検討の上信頼できる医院で行うことをお勧めします。